皐月賞回顧 なんじゃリオンディーズは・・・・

----------------------------
藤崎優哉の
【救済馬券セオリー】とは?

-----------------------------------




超ハイレベルな3強の皐月賞。


KAZは中でもリオンディーズに注目していました。


弥生賞では、めちゃくちゃかかっていたにも関わらず強い競馬でしたから折り合って競馬できた場合はとんでもなく強いのではないかと思ったからです。






しかし皐月賞では再度かかってしまいました。


折り合いをつける競馬をすると思っていましたがデムーロ騎手は前に行った馬が有利になると判断し超ハイペースなのに早め先頭という無謀とも強引とも言える競馬をしました。


展開を考えれば惨敗しても不思議ではありませんでしたが、降着になってしまいましたが4着(降着で5着に)に残るあたりはやはり能力の証です。


距離が延びて良いタイプではありませんので次走はダービーなのか?


それともNHKマイルCに向かうのか?







折り合えればこの世代では1番強いと思うのですが、ここ2戦の内容が悪いんですよね。


超ハイペースの2000Mでも折り合えなかったのが2400Mで折り合えるのか?


ちょっと難しいなと思いますが、ダービーで内枠に入れれば前に壁を作れるので折り合いやすくなりますからね。






3強と言われる場合のレースは、3強のうちの2頭が馬券になることが多く、3強以外の1頭が馬券になるパターンが多いです。


桜花賞もそうでしたね。


3強のうちのメジャーエンブレムが馬券外で、シンハライト、ジュエラーの2頭が馬券になりました。


こういうパターンは覚えておいて損はありません。


皐月賞の最終決断 本命はリオンディーズ

--3つの高性能モードであなたを徹底的にサポート--------------
コンピ革命家 田中洋平のオッズ・マニピュレーター
---------------------------------------------------------------



では先日話したように、空前のハイレベルと言われている皐月賞の最終予想を公開します。


初めに言っておきたいのですがいくらハイレベルと言っても3歳のこの時期ですから当然能力比較が完全にできるわけがありません。


皐月賞で初めて顔合わせする馬達も多く存在しています。


能力比較でだけではなく、トリッキーなコースである中山2000Mが舞台ですので、皐月賞は荒れる傾向が強いです。







本命は16番リオンディーズです。


今年の皐月賞は天下のディープインパクト産駒が多く出走していますが、ディープインパクト自体もそうだったように産駒も中山の数値は悪いですし、皐月賞での勝ち馬も出ていません。


そうなると必然的にディープ産駒以外を本命にするのが自然です。







しかしリオンディーズを本命にしたのは血統だけではありません。


戦ってきた相手、ローテーションを考慮するとこの馬が1番勝ちに近い存在です。


2才G1の朝日杯はエアスピネルに着差以上の圧勝でしたし、叩き台の弥生賞ではかかってしまい先行してしまいましたがそれでも楽々の2着。


気性的に問題がありますが、それでもこれだけ走るのですからしっかり折り合った場合は一体どれだけ強いのか?


化物級に強い可能性も十分に秘めています。







今年の皐月賞の1番の問題はサトノダイヤモンドはどう扱うかです。


実はKAZも当初はサトノダイヤモンドを本命にするつもりでした。


過去3走とも圧巻のパフォーマンスでしたからね。


でもまてよ・・・・・・・


戦ってきた相手がみんな弱いぞ・・・・・


弱い馬相手に圧勝した所で本当に強いのか????






それでいて人気を背負っているわけですから、危なくて本命にはできません。


そして皐月賞と相性の悪いディープインパクト産駒なのもネックです。


それと関東での初レースですので、輸送に弱い馬だったら惨敗も考えられます。


もちろん皐月賞を圧勝してもなんら不思議ではありませんが、こういった人気先行型のお決まりのような馬は過去に何頭もいましたが、本当に強い事は稀です。


先週の桜花賞のメジャーエンブレムでさえ負けてしまう事があるんですからね。







では皐月賞の印です。

◎ 16 リオンディーズ
〇 15 エアスピネル
▲  9 ナムラシングン
×  3 マカヒキ
△ 13 プロフィット
△ 11 サトノダイヤモンド




エアスピネルも相当強い馬です。


この馬もリオンディーズと一緒で弥生賞は叩き台だったでしょうし、対リオンディーズは2戦2敗してますので武豊騎手が何も考えていないわけがありません。


瞬発力では勝ち目がありませんので逃げもありえるとKAZは思っています。






面白いのが9番ナムラシングン。


血統がめちゃくちゃ皐月賞向きだと思っています。


父がヴィクトワールピサ、さらに父がネオユニヴァース。


共に皐月賞馬です。


これほど皐月賞向けの血統ですから、単勝も買っておくことにします。







馬券はこんな感じで



馬連流し

16番リオンディーズ = 3番マカヒキ、9番ナムラシングン、11番サトノダイヤモンド、13番プロフィット、15番エアスピネル





ワイド

16番リオンディーズ = 9番ナムラシングン、13番プロフィット、15番エアスピネル






それと単勝

9番ナムラシングン

16番リオンディーズ







馬連5点、ワイド3点、単勝2点。


合計10点。


でもサトノダイヤモンドとの馬券は買わないかもしれないなあ・・・・・・・・






< 皐月賞 KAZ予想 >

◎ 16 リオンディーズ
〇 15 エアスピネル
▲  9 ナムラシングン
×  3 マカヒキ
△ 13 プロフィット
△ 11 サトノダイヤモンド




大穴派ならナムラシングンからの馬券も面白いと思います。


どんな馬がきても高配当間違いなしです。

皐月賞枠順決定 最強世代の3強で決着するのか?

-----【救済馬券セオリー】---------------------------------
競馬歴25年、回収率150%
藤崎優哉が的中率&回収率を上げる分析テクニックを公開

----------------------------------------------------------------




史上最強世代と言われている今年の3歳クラシック戦線。


クラシック第一段の皐月賞の枠順が決定しました。


ヤフーの競馬ページです
http://keiba.yahoo.co.jp/race/denma/1606030811/






2枠3番 マカヒキ

6枠11番 サトノダイヤモンド

8枠16番 リオンディーズ



3強の枠順はご覧の通りです。



マカヒキが内枠に入ってしまったのはどうかなというのが率直な感想です。


サトノダイヤモンドとリオンディーズは脚質に幅があるので、どこでも良いと思っていました。






一般的には3強と言われていますが、KAZはエアスピネルを含めての4強だと思っています。


ローテーションからすると、エアスピネル、リオンディーズが有利です。


逆に間隔が開いているサトノダイヤモンドはきさららぎ勝からの直行では過去に馬券になった馬はいないという嫌なデータもあります。


先週の桜花賞でのメジャーエンブレムも過去好走例のないクイーンカップからの直行で断然人気を背負い4着と馬券になりませんでしたからね。


ローテーションも非常に重要な要素になります。






本命はもう決めてあります。


最終結論は土曜日か日曜日にアップします。


最初はサトノダイヤモンドを本命と考えていましたが、よくよく考えてみると結構危険性が高いです。


過去のレースっぷりから皐月賞を勝つ可能性も、もちろんありますが馬券外に消える可能性も十分に考えられます。


ということでサトノダイヤモンドは本命ではありません。







それでは土曜か日曜に最終予想をアップしますので、気になる方はまたブログに訪れて下さい。


何気に皐月賞は荒れることが多いんですよね。



桜花賞はオークスの試走だったと仮定すると、今回のメジャーエンブレムの負けにも納得

----出現率75%のヒットポイントを狙い打ち-------
的中へ導くワイド馬券術
『マシンガン”無限”LOOP』

--------------------------------------------------




桜花賞から1日経過しました。


時間が経過すると色々な事を考えられるものですね。






さて、桜花賞で不可解な負け方をしたメジャーエンブレム。


スタートが良くなかったのは事実ですが、逃げようと思えば逃げられたとは思うんです。


でも逃げなかった。


それはなぜかと考えました。






もしかしたらオークスを見据えた競馬をした可能性も否定できません。


今までのようにスピード任せで競馬をしたのではオークスを勝つことは難しい。


それならどうすれば良いのか?


陣営が押さえる競馬を桜花賞で試す指示を出していたとしてもおかしくありません。


スピード任せでオークスを勝てないことは過去をみても実証済みですからね。






あえて苦手な押さえる競馬をして結果は4着。


直線では周りを他馬に囲まれ、とてもじゃありませんが普通の馬ならそこでジエンドな展開でしたが馬群をこじあけて出てきたことは評価できます。


スローな展開になりやすいオークスですから馬群が固まる可能性も高いです。


なので桜花賞で馬群の中で競馬できたことはオークスに向けて大きな収穫になるのではないでしょうか。


今までしたことのない競馬をして4着です。







オークスに向けての試走だった桜花賞。


だったとすればオークスではかなり怖い1頭になります。


桜花賞の敗戦で人気も落ちるでしょうし、プレッシャーもかからなくなりますからね。








陣営はマイルカップかオークスかを決めかねているようですが、オークス出走に踏み切れば距離に関しては大丈夫だと判断して良いでしょう。


どんな判断をするのか楽しみです。

桜花賞の公開予想は本命シンハライトで的中 

------新着 競馬ロジック-----------------
ゴールデンホースビクトリーメソッド
----------------------------------------------



桜花賞は見事に的中できました。


シンハライトが1着なら文句ありませんでしたが、まあ的中は的中です。



公開予想の記事はこちらから

http://kannteikaz.seesaa.net/article/436483031.html






まずは本命にしたシンハライトですが、たった2センチ差の2着でした。


勝ったと思いましたが、デムーロ騎手のジュエラーの末脚がすごすぎでした。


シンハライトの池添騎手はある程度メジャーエンブレムをマークしていたので早めの競馬となってしまったことが仇となってしまいましたが負けて強しの内容でした。


小柄な牝馬だけに次走はオークスになるでしょうがどれだけ疲労が取れるのかが重要になるでしょうね。








そして圧倒的1番人気のメジャーエンブレムはスタートが良くなかったこともありましたがいつもの行きっぷりがありませんでした。


結果論になってしまいますがハナに行くという強引な競馬の方が良かったと思います。


クイーンカップの方が明らかにレースぶりが良かったですから、今回の負け方は非常に気になります。


成長力が思ったほどないのかもしれません。


そうなるとオークスは相当厳しいでしょう。


改めて感じましたが、人気を背負っても良いことはひとつもありませんね。

最近の記事
カテゴリ
検索
 
RSS