販売ページ(セールスレター)とは競馬商材の顔である

----PR-------------------------------------------

・東京都のN様
・神奈川県のI様
・京都府のY様

数々の会員様からこのような喜びの声を頂きました
    ↓     ↓
http://longlime.net/LP/?2

サラリーマンをリタイヤした方もおります
なぜリタイヤできたのかがあなたは分かりますか?

----------------------------------------------------





商材というのは実際に購入してみるまで、中身を確認できません。


これがリアル商売ならば実際に商品(商材)を手にとったりできます。


そこで重要になるのが販売ページに書かれている内容です。






良い販売ページの例として、下記の2つの商材をご確認下さい。


http://www.infotop.jp/click.php?aid=10837&iid=41284


http://www.infotop.jp/click.php?aid=10837&iid=32602






まず一定以上の文章があるのか?


文章量が多ければ良いというわけではありませんが、購入するまで中身がわからない商材だからこそ、事細かな説明が必要です。


丁寧に説明しようとすれば文章量は自然と多くなりますよね。


5分、10分程度では読みきれない量になります。







競馬商材に限っては検証期間、回収率、的中率の3つは必ず必要です。


検証期間が1ヶ月と24カ月では雲泥の差があります。


1ヶ月の検証なんかでは全くもって信頼できるようなものではありませんからね。






的中率、回収率に関しても上の検証期間と同じです。


1ヶ月の数値なんてどうにでもできるわけで、信頼度としては相当低くなります。


できれば月毎の数値が欲しいですね。


12ヶ月中、1ヶ月だけの回収率が2000%で、残りの11ヶ月は40%の回収率では安定収支にはなりませんし、商材販売後はプラス回収が1度もない可能性もあるからです。






ということで販売ページを見る時は下記の2つをまずはチェックして下さい。


・ 文章量は多いのか


・ 検証期間、回収率、的中率が明示されているか






販売ページをさらっとで良いので一通り読んでみて、信用できないなと思った時は絶対にその商材は購入してはいけません。

ソフト商材に関してのKAZの考え方


馬券の買い目を自動(若しくは半自動)で出してくれる手軽に使えるソフト系商材がかなり多くなっています。


楽ちんに使う事ができるのでソフト商材を重宝している人も少なくないでしょう。


手軽に商材を使えると言う点では非常に優れています。






でも手軽に簡単に使えることがデメリットにもなります。


それは使うのに苦労しないので商材に頼りきってしまうこと。


もうひとつは自分で考えることをしなくなってしまうこと。






競馬初心者、パソコン初心者でも何の問題もなく使える商材は一般受けはしますが、絶対に万人受けはしません。


これはどんな商材に対しても言えることですけどね。


万人受けするのは悪く言えば、それなりの商材にしかなっていないということです。


100人のユーザーさんが居て、90人に理解してもらおうとすればどうすればいいのかわかりますよね?


それほど深くなく、どんな人にも使いやすいように商材を作るわけです。







ということで自分自信の馬券レベルをアップさせたいのなら、自動で買い目が出る商材は避けるのが賢明です。


それとソフト商材はソフトを作るためのコストがかかるので、自然と商材の値段も高くなります。


10万もするソフト商材があるのはそのためです。







ソフトはソフトでメリットも多くありますが、メリットだけではないことを覚えておいて下さい。


デメリットももちろん同時に存在していますので。




「 商材代金だけは回収いたい 」 といった考え方はどこからくるのか?

-----アクセスの多かった人気記事---------------------------------------
最近はワイド商材が流行っていますが、オススメはこの2つ

KAZだけの特典「 テン乗りだけで回収率を変化(アップ)させる方法 」 
⇒ 至高の投資馬券術 CBO

------------------------------------------------------------------------




競馬商材界でひとつに格言となっているこの言葉


「 商材代金は回収したい 」







この気持ちはわからなくもないですが、KAZはおかしいと思います。


3000円の商材なら場合によっては簡単に回収できるでしょうが、10万円だったらどうでしょう?


馬券代、ランニングコストもかかりますから当たらなければマイナスが増え続けます。







商材を買った時点でそういったリスクがあることを承知してなければいけません。


商材も含めて競馬と捉えるべきです。






そもそも商材代金を回収したいと言ってる時点で、その商材を気に入ってない証拠です。


そんな気のない状況で上手くいくと思いますか?


買うと決めて、購入したのはあなた自身ですよ。


ああでもない、こうでもないと工夫したのならまだしもマニュアル通りに使ってダメだったから最低でも商材代金は回収したい。


実に甘い考えです。







せっかくなら回収する以上のことをやりましょうよ。


商材代金だけではなく利益を、儲けを出してやりましょうよ。


こう考えたほうが上手くいく可能性は高くなると思いますよ。


もちろん考えてるだけではなく、自分なりに実践しないとダメですからね。


最近の記事
カテゴリ
検索
 
RSS