馬券本ではない競馬本 【 藤田伸二ジョッキー著作 騎手の一分 】



突然引退した人気ジョッキーの藤田伸二騎手の、この本をご存知でしょうか?

騎手の一分――競馬界の真実

(講談社現代新書)








偶然、本屋さんで見つけて買いました。


馬券本ではなく、日本競馬に関することがトップジョッキーならではの視点、JRAの問題点を暴露しています。


衝撃的な内容と言っても差し支えない競馬本です。







今の時代では考えられませんが、年間200勝もしていた武豊騎手が突然勝てなった理由とは?


外国人騎手が日本競馬に参加することでの大きな弊害とは?


今まで見てきた競馬の常識が変わります。








私達一般人は知らない日本競馬の裏が書かれています。


トップジョッキーの藤田騎手が書いたからこそ価値があるのです。




騎手の一分――競馬界の真実

(講談社現代新書)


ローズステークスは最強の法則の【 重賞大穴必中大作戦 】で簡単に的中



秋華賞のトライアルレースである、ローズSを難なく的中させることができました。


この雑誌の【 重賞大穴必中大作戦 】で本当にらくちんに
  ↓     ↓
競馬最強の法則 10月号







馬名が実際に挙げられているので、本当に楽です。


オークス馬でのミッキークィーンは最有力との評価で、相手のルメール騎手騎乗のタッチングスピーチも挙げられていました。







データがあると買う馬、消す馬がしっかりと選別できるので本当にらくです。


これからの秋競馬で大いに重賞データを活用して、馬券をがっちりと取りましょう。





波乱を呼ぶ、突然変異の逃げ馬とは? 【 意外なジョッキーが・・・ 】



逃げ馬を買えば儲かる。


これは競馬をしている人なら誰でも知っている事実です。


そんな儲かる逃げ馬達が分かってしまうのがこの競馬本
    ↓     ↓








逃げ馬は、騎手による部分も意外と大きいです。


でもどの騎手が、いつ逃げるのか?


これが大きな問題です。







とあるリーディング上位騎手は、とある競馬場のダートで逃げれば完全無双状態で、10戦して勝率がなんと80%ととんでもない成績を残しています。


突然の逃走劇ではなく、必然の逃走劇だと事前に分かっていたら馬券は楽ちんになると思いませんか?


興味がある方はこの本をどうぞ。


競馬最強の法則 9月号



夏競馬に稼げる馬とは? 夏の大穴馬券を取りまくる馬券術 【 競馬最強の法則 】



夏競馬にとてつもなく強力になる馬がいます。


それが逃げ馬です。








夏競馬になると、なぜ逃げ馬が大活躍するのか?


それにはいくつもの理由があります。





夏競馬は難しい・・・・・・


夏競馬では勝てない(馬券で)・・・・・・






こんなことが良く言われますが、それは完全な間違いだったのです。


条件が揃った時に、逃げ馬を狙えば良いだけです。


その答えがこの中にあります
    ↓     ↓
競馬最強の法則 9月号





競馬最強の法則8月号より 例の【死に目・当たり目理論 パート2】

-----間もなくキャンペーン終了-------------------
シベリアン 馬券の極意キャンペーン(7/24まで)
--------------------------------------------------------



競馬最強の法則 8月号

特別袋とじになっている【 死に目・当たり目理論 】






以前も紹介しましたが、7月号に引き続き袋とじになっています。


この理論を使って、KAZは馬券を取ってますし、何よりも馬券になる枠、ならない枠が誰でも簡単にわかるので使い勝手が非常に良いです。


どんなロジックとも相性が良いですし、ロジック同士の組み合わせにはもってこいです。







穴馬が激走するのは、当たり目理論が原因なのかもしれませんよ。


最近の記事
カテゴリ
検索
 
RSS