単勝16490円、複勝5000円の超穴馬が激走 なぜか3着までに突っ込んでくる穴馬の法則


毎週、毎週、穴馬が激走していますがとんでもない穴馬が激走しました。

その穴馬が7月21日(土)の新潟7Rのリトルゲイタです。

この馬は単勝16490円の単勝万馬券で複勝でも5000円の超高配当でした。






アイビスサマーダッシュと同じ舞台の新潟直線1000Mでのレースでした。

荒れやすい舞台なので穴馬激走の可能性は高かったわけです。

7月21日、22日は他にも複勝3290円、複勝2180円が的中率していました。

荒れやすいレースを選出できさえすればかなりの威力を発揮してくれる商材です。

なぜか3着までに突っ込んでくる穴馬の法則





コンピ指数を確認すれば良いだけなので前日に穴馬をピックアップできるのも大きな魅力で、穴馬選出方法は至ってシンプルです。

この商材でバシバシ高配当馬券が取れると良いですね。

めちゃくちゃシンプルに複勝1000円オーバーの馬を見つけられる なぜか3着までに突っ込んでくる穴馬の法則


先日のラジオNIKKEI賞は3歳のハンデ戦ということで荒れそうな気配がぷんぷんと漂っていましたが、3着に最低人気(16番人気)のオペラダンシングが入り、複勝はなんと2980円もの超高配当になりました。

でも実際問題、最低人気の馬なんてなかなか買えませんよね。

確率論からすれば、馬券にならないのは当然ですし、買い続けてもマイナス収支になるのは目に見えていますから馬券に入れなくて当然と言えば当然です。






でも穴馬を上手に拾う事ができれば、大きな配当が取れて、しかも回収率もアップします。

激走馬の中には、どうしても好走理由が見つからないような穴馬が多数いるのも事実です。

なんでこの馬が・・・・・・

こういったレースを何度も経験したこともあるでしょう。







どんなに考えても、好走理由がわからないのなら、穴馬選びは極力シンプルにしたいものです。

この商材以上のシンプル手法は今のところありません。

なぜか3着までに突っ込んでくる穴馬の法則



コンピ指数を使うので前日に穴馬をピックアップできて便利です。

複勝1000円オーバーの馬もちらほらと激走しています。

もはや穴馬=インフォレース出版 【 なぜか3着までに突っ込んでくる穴馬の法則 】


宝塚記念はオルフェーブル絡みの馬券を一切買ってなく、撃沈だったKAZです。

まあ荒れると思っての穴狙いだったので仕方ないです。






穴馬を狙うメリットはやはり高配当が取れることです。

高配当が取れることで、回収率もアップしますので競馬で勝てる可能性も高まります。




そんな穴馬を簡単にピックアップできる商材がこれです。

なぜか3着までに突っ込んでくる穴馬の法則





買い目を出す商材ではなく、あくまでも穴馬だけピックアップする商材です。

コンピ指数を使用して、めちゃくちゃ簡単に穴馬を選び出すことができる手軽さが大きな魅力です。

もちろん前日に穴馬をピックアップできます。

最近の記事
カテゴリ
検索
 
RSS